【香川県高松市】自然に癒されうどんで満たされた2泊3日(3/4)

公開日: : 香川県高松市

(もくじ)
2日目:鬼ヶ島(女木島)へ渡る
お洒落な倉庫街 北浜アリー
うどんとならぶ名物 骨付鳥の一鶴

2日目:鬼ヶ島(女木島)へ渡る

高松2日目はフェリーに乗って高松港から20分足らずのところにある鬼ヶ島(女木島)へ、ハイキングに行きます。

女木島はこんなところ

女木島(めぎしま)は、瀬戸内海にある島。香川県高松市女木町に属し、男木島と合わせて雌雄島(しゆうじま)を成す。
高松港から北沖約4km、男木島から南に約1kmに位置し、雌雄島を構成する男木島と違って南北に細長い形をした島である。人口は2011年時点で192人(男 88人/女104人)、世帯数は112世帯であり、年々人口が減少する過疎の状態である。総面積は2.67km²、人口密度は1平方キロメートルあたり70.33人であるが、可住地面積が島のごく一部であり非常に狭いため、集落内の人口密度はこれ以上に高い。(Wikipediaより)

女木島には洞窟があり、それが香川県の桃太郎伝説と結びついて鬼ヶ島と呼ばれるようになったそうです。

フェリー乗り場で、チケットを買います。が、ちょっと迷う。

高松港客船乗り場

この中の切符売り場に、女木島行きの切符を売ってるところがない!
と思ったら、ここをぬけて建物の裏側に小さな専用切符売り場がありました。

女木島行きフェリー切符うりば

女木島・男木島の両方へ行く方が多い様です。セットでお得な切符があるみたいですが、今回は女木島だけに行く予定なので、女木島への往復切符を購入して、フェリーを待ちます。

女木島への切符

女木島へのフェリー

フェリーが到着しました!
女木島はすんでいる人もいるので、島民の足になっています。
では、高松のビルを遠くに見ながら女木島へ出発です。

女木島へ出発

女木島に到着すると、船着場のすぐ横でなにやら大きな背中が迎えてくれます。

女木島にある大きな背中は、、、

モアイ像です。
何でも、

本家イースター島の倒れたモアイ像を起こそうと、高松市のクレーン会社タダノがテストのために作ったレプリカ。Wikipediaより)

だそうで、本家のモアイ像とちゃんとゆかりがあるんですね。

女木島のモアイ像

女木島の船着場からはバスが出ていて、鬼ヶ島の由来となった洞窟まですぐにいけるそうです。
が、私たちは島を半周のんびりハイキングです。

鬼ヶ島(女木島)の地図

島の北側をぐるっと2時間ほどかけて回ります。

女木島は瀬戸内国際芸術祭の会場にもなっているそうで、船着場近くの海岸にこんな作品ヶ残っていました!

女木島、瀬戸内国際芸術祭の作品

この日は天気も気温もよく、とてもいいハイキング日和でした!
夏には海水浴場になる海岸をぶらり。

女木島の海水浴場

その向かい側に、シーズンには海の家が立ち並ぶようです。

女木島の海の家跡地

これから山道です。この坂を抜けて、島の向こう側まで行きます。

山道へ突入

だいぶ高いところまで登ってきました。向こうの海が少しずつ見えてきます。
観光客の多くはバスに乗るので、周りはとても静かでした。
ウグイスの鳴き声が驚くほど近くに大きな声できこえ、降り注ぐマイナスイオンが本当に気持ちいい!

向こうに海も見えます

島の反対側が見えてきました。
こちら側は、島民の方が利用するような小さな港があり、また畑も広がっていて生活感があります。

女木島フェリー乗り場の反対側

その土地の人の生活風景に触れるのは、旅行の楽しみのひとつでもあります。
旅行先ではいつも、その土地の人が行くスーパーマーケットに行きます。意外なものが売られていてとても楽しいんです。
私たちは素泊まりのビジネスホテルを利用するので、旅行中に一度はスーパーマーケットで珍しいお惣菜や刺身などを購入して、ホテルで食べたりしています。

女木島で、猫発見!
港にあがった魚でももらっているのでしょうか。

女木島の猫1

 

女木島の猫2

さて、猫に別れを告げて再び山道に入っていきます。
まだ桜が綺麗に咲いていました!

桜が咲いています

大きな桜の木

 

桜の道

 

女木島の家

桜の道をぬけ、民家をすぎてフェリー乗り場に戻ってきました。
静かでのんびりできて、女木島でのハイキングは気持ちよかった~
主要な観光スポットである鬼ヶ島大洞窟には行きませんでしたが、自然を満喫してぶらぶら歩くハイキングは最高でした!
フェリーに乗ってまた高松港へ戻ります。

高松港へ戻ります

楽しかった女木島

お洒落な倉庫街 北浜アリー

女木島を後にして、夜の散策に出かけました。

北浜アリー1

北浜アリーは、古い倉庫を利用して再生させたお洒落な一角です。
夕飯を食べに行く途中にふらっと立ち寄ったので、多くのお店はしまっていましたが、雰囲気がいい!
雑貨屋やカフェがあるようなので、ここでのんびりお買い物もいいかもしれません。

北浜アリー2

北浜アリー3

駐車場も昔の倉庫をそのまま使っているようで、素敵ですね。
この一角だけ突然異国に迷い込んだかのような雰囲気でとても面白いです。

うどんとならぶ名物 骨付鳥の一鶴

一鶴

こちらでうどんと並んで有名なのが骨付鳥なんだそうです。
確かに繁華街を歩いていると、骨付鳥の文字をたくさん見かけます。

その中でも骨付鳥発祥の店がここ一鶴だそうです。

一鶴2

骨付鳥には、親鳥とひな鳥の二種類あるそうなので、一つずつ頼んでみると、すごく大きい!!これは美味そう!!

ひな鳥はやわらかく食べやすい感じ。一方親鳥はしっかりとした歯ごたえがあって、噛めば噛むほど味わい深い。私は親鳥が好みでした。(写真上がひな鳥、下が親鳥)

親鳥とひな鳥

お腹一杯になりました!


【香川県高松市】自然に癒されうどんで満たされた2泊3日 1/4 2/4 3/4 4/4

関連記事

高松で、自然に癒されうどんで満たされ

【香川県高松市】自然に癒されうどんで満たされた2泊3日(1/4)

LCCジェットスターのセールで、成田空港‐高松空港間の往復航空券を格安で予約することができたので、本

記事を読む

アーケード街

【香川県高松市】自然に癒されうどんで満たされた2泊3日(番外編)

今回初めて高松を訪れましたが、街で気になったものがいくつかあったので番外編としてまとめておきたいと思

記事を読む

【香川県高松市】自然に癒されうどんで満たされた2泊3日(2/4)

(もくじ) ・1日目の始まり/ジェットスターで成田から高松へ ・まずは旅の安全を祈願 ・高松で

記事を読む

高松城跡とシンボルタワー

【香川県高松市】自然に癒されうどんで満たされた2泊3日(4/4)

(もくじ) ・最終日:まずうどん屋さん二軒はしご ・玉藻公園でのんびり ・高松シンボルタワーに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【奄美大島】バニラエアで!美しい海を満喫の2泊3日(5/5)

今度とまってみたいホテル ネイティブシー奄美 最終日は、次に来たとき

【奄美大島】バニラエアで!美しい海を満喫の2泊3日(4/5)

マングローブ原生林ではカヌーが楽しめますが 午後は、島の南側までドラ

【奄美大島】バニラエアで!美しい海を満喫の2泊3日(3/5)

奄美の海は珊瑚と魚でいっぱい 2日目は、午前中にシュノーケル! 東

【奄美大島】バニラエアで!美しい海を満喫の2泊3日(2/5)

雨の奄美大島でも楽しい   奄美大島に到着し

【奄美大島】バニラエアで!美しい海を満喫の2泊3日(1/5)

成田空港第3ターミナルオープン日をまたいで奄美大島へ LCCバニラエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑